第047回 事故物件・心理的瑕疵とは何か?

皆様、こんにちは。

 今回は、事故物件・心理的瑕疵についてお話したいと思います。

 皆様の中には、部屋を借りて一人暮らしをしている方や、中古住宅を購入して家族と暮らしている方がいらっしゃると思いますが、住んでいるお部屋の前の入居者が自殺していたり、あるいは殺されていたりといった、いわゆる事故物件に住んだ経験がある方はいますでしょうか。

 特段、霊的なものを信じない方でも、やはり、前の入居者が死亡していた部屋に住むのは、いい気持ちがしません。

 このような建物にまつわる嫌悪すべき歴史的背景は、法的には、心理的瑕疵と評価されたり、建物の売主や貸主に説明義務が認められたりといった形で問題となります。

 ただ、どのような場合に心理的瑕疵と評価され、説明義務が認められるかに関し、具体的な基準は存在しませんので、本日は、過去の裁判例を踏まえて、ヨシカワの私見をお話しています。

 その他、幽体離脱、ショーンKさん等の雑談もしていますよ。

 お部屋で人がお亡くなりになったということは、ホテルの客室でも起こりうることです。詳しくは知りませんが、ホテルで自殺する方も少なくはないようです。

 ヨシカワは、ホテルの客室で自殺や他殺が生じた場合、居室に飾られた絵画の裏や天井点検口内部等に御札が貼ってあるという噂も聞いたことがあります。

 気になる方がいらっしゃいましたら、ホテルに宿泊の際に、確かめてみてください。



関連リンク
--
幽体離脱・体外離脱・明晰夢研究所【幽体離脱デレッチョ】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://voltle.com/MT/mt-tb.cgi/276

コメントする

弁護士放送

お使いの mp3プレイヤーに番組RSSを登録することで、弁護士放送の最新回が自動的に更新されるようになります。 iTunesなどのポッドキャスト対応ソフトにバナー画像をドラッグ&ドロップしてください。



こちらのクリックすると iTunes - 弁護士放送のページが表示されます。



プロフィールはこちらです。

過去放送一覧はこちらから

過去放送をお聞きになりたい方は、こちらのバナーをクリックください。

Powered by Movable Type 6.1.2

ボランティア・ライター募集

弁護士放送ボランティア・ライター募集

バックパッカー動画デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

トリカゴ放送Tシャツ

トリカゴ放送Tシャツ通販ページ

トリカゴファミリー

バックパッカーの怪しい(妖しい)裏話をポッドキャスト

ひきこもり作家・さくら剛の泣き言ネットラジオ(号泣)

Class9ではアーティストやタレントの原石を発掘し、夢の実現へ向けてサポートしながら一緒にメジャーデビューに挑戦します。

第一弾は「東南アジア黄金ルートバックパッカー旅」です。バックパックひとつで世界中を旅するバックパッカーの日常を疑似体験くださいませ。

戦いの中で奥義を見出し、常に進化を続ける拳の道。旅の極意を伝授いたす。愛ゆえに。

この記事について

このページは、弁護士ヨシカワが2016年4月27日 15:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「第046回 略式命令、労働基準法関連法令にて保護される労働者について」です。

次の記事は「第048回 賭博罪が処罰される理由/フランク三浦事件判決」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。