実際の事件の最近の記事

皆様、こんにちは。

 夏真っ盛りですが、弁護士放送は、がんばって音声配信します。

 いよいよ50回目の配信です。100回目配信を目指してがんばります(多分)。

 東京では、7月31日が東京都知事選挙です。

 猪瀬さん、舛添さんともに、金を巡る問題で中途半端な状態で辞任することになってしまいましたので、今度は、長く続けていただける方に都知事になって欲しいものです。

 ところで、政治家の方は、政治資金等の金を巡る問題について、どのような規制を受けているのでしょうか。今回の放送では、舛添さんの事例を前提にお話をしていますので、興味野ある方はお聴き下さいね。

皆様、こんにちは。

 今月も、頑張って弁護士放送を配信させていただきます。

 今回は、ひと足遅いですが、時事ネタを取り上げています。

 前半では、賭博に関与したことを理由に、バドミントン選手が、無期限の出場停止等の処分を受けた事件を取り上げています。ただ、海外に行けば、合法的にカジノで賭博を行うことが可能であるにもかかわらず、何故、このような処分を受けることになったか、そもそも、日本では、何故、賭博が刑事罰の対象となっているのかについて、疑問をお持ちの方も多いかと存じます。

 そこで、賭博罪についてヤマモトさんとお話しましたので、興味のある方は、お聴き下さい。

 また、番組後半では、スイスの高級時計メーカーであるフランク・ミュラーが有する商標との類似等を理由に、「フランク三浦」との商標が無効であるとした特許庁の判断を取り消すよう求めた訴訟の判決をご説明しています。商標権については、以前に、北海道のお菓子である「白い恋人」とパロディー商品の「面白い恋人」との類似が問題となった事件を取り上げましたが、このフランク三浦事件での判決でも同様にパロディー商品の商標類似が問題となっています。

皆様、こんにちは。

 今回は、事故物件・心理的瑕疵についてお話したいと思います。

 皆様の中には、部屋を借りて一人暮らしをしている方や、中古住宅を購入して家族と暮らしている方がいらっしゃると思いますが、住んでいるお部屋の前の入居者が自殺していたり、あるいは殺されていたりといった、いわゆる事故物件に住んだ経験がある方はいますでしょうか。

 特段、霊的なものを信じない方でも、やはり、前の入居者が死亡していた部屋に住むのは、いい気持ちがしません。

 このような建物にまつわる嫌悪すべき歴史的背景は、法的には、心理的瑕疵と評価されたり、建物の売主や貸主に説明義務が認められたりといった形で問題となります。

 ただ、どのような場合に心理的瑕疵と評価され、説明義務が認められるかに関し、具体的な基準は存在しませんので、本日は、過去の裁判例を踏まえて、ヨシカワの私見をお話しています。

 その他、幽体離脱、ショーンKさん等の雑談もしていますよ。

皆様、こんにちは。

 平成28年になり、初めての弁護士放送音声配信でございます。

 今回の放送を配信する時点で、2月末となっていますが、今年も可能な限り、音声配信をしていきたと思います。

 さて、既に、過去の話題となりつつありますが、今回は、某有名人の「LINE」上での会話流出に関連する法的問題について、お話しています。

 その他に、ヨシカワがよく寝落ちしてしまうことや、iPhoneの水没についてなど、雑談も多いですが、宜しければお聴き下さい。

 皆様、こんにちは。

 久しぶりの弁護士放送配信です。

 最近は、ついつい仕事を優先してしまって、弁護士放送の更新ができませんでしたが、引き続き、可能な限り配信していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 今回の放送には、ゲストとして、犯罪・刑事事件につき造詣が深いジャーナリストの丸山ゴンザレス(丸山佑介)さんに参加いただきました。

 丸山ゴンザレスさんは、有名テレビ番組に出演する等、TVメディア業界でも活躍されていますし、多数の書籍を執筆されていますので、ご存じの方も多いと思います。

 丸山ゴンザレスさんとヨシカワにて、埼玉愛犬家連続殺人事件という割と有名な刑事事件につき話していますので、皆様、是非お聴き下さい!

 こんにちは。暑い日々が続きますが、皆様お元気でしょうか?

 今回は、リスナーの「みそ汁定食」さんからの質問に基づき、風営法によるクラブ経営の規制についてご説明させていただきます。

 少し前のことになりますが、クラブ経営者による無許可営業が風営法違反を理由に摘発されるという事件が話題になることがありました。

 風営法がクラブを規制するために改正されたわけでもないのに、何故、急にクラブ経営が問題とされるようになったのでしょうか。

 今回は、無許可でのクラブ経営と風営法について説明しようと思います。

 数年前より、通勤やレジャーにて自転車を利用する方が増えているようです。
 自転車は、自動車やバイクと比べれば、接触・衝突することで誰かに怪我をさせるということは少ないと思います。
 もっとも、自転車も、ある程度のスピードが出ますので、歩行者と衝突した場合には、歩行者に重い傷害を負わせてしまうこともありますし、現に、最近では、自転車が加害者になる事故が増加しているようです。
 なお、自転車は、車道を走行するのに免許が必要となるわけでもないため、子どもも乗ります。
 では、自転車で走行していた子どもが歩行者と衝突し、歩行者が怪我をした場合、子どもの親は、何らかの責任を負うことになるのでしょうか。
 今回は、自転車が関連する交通事故及び子の不法行為に対する親の責任について、ご説明します。

 2014年10月ころ、外国に対する戦闘行為に参加するためにシリアに渡航しようとした学生らが、私戦予備及び陰謀罪の容疑で警視庁公安部から任意の事情聴取等を受けていたことが報じられました。テレビ等のメディアで広く取り上げられていましたので、皆様もご記憶にある事件ではないでしょうか。
 この事件では、私戦予備及び陰謀罪という聞きなれない罪名が問題となっていますが、実務上も、私戦予備及び陰謀罪が問題となることは極めて稀ですので、ヨシカワも、司法試験受験の際に少し触れた程度の知識しかありません。
 そこで、今回は、私戦予備及び陰謀罪とは、そもそもどのような犯罪なのかをということを、頑張って説明したいと思います。
 なお、今回の放送では、ゲストとして、「デレッチョ」のディレクターであるホシさんに参加いただきました。
 「デレッチョ」とは、トリカゴ放送の動画プロジェクトです。ヤマモトさんは、本当に色々なことをやっているのですね。
デレッチョ : http://derecho.jp/

皆様、ご無沙汰しております。
 10月配信分は、何ら告知をすることなく、お休みとさせていただきました。
 大変申し訳ございません。
 さて、今回の放送では、引き続き、Class9の河村雅人社長にゲストとして出演いただきました。
 番組冒頭では、書籍、漫画及び映画に関する雑談を三人でしています。極めて浅い内容の話ですが・・・。
 ヨシカワは、昔から、漫画も含めて文字を読むことが嫌いなので、常識的な大人と比較して文学というものにあまり触れていませんが、やはり名作とされている作品はおもしろいですね。
 さて、今回は、再審請求において冤罪とされ無罪判決が言い渡された東電OL事件について説明をしています。
 是非、お聴きください。

 さて、今回は、知的財産法分野において問題となっている事件等をご紹介致します。

 商標権について番組内で取り上げたことがありましたが、商標権も知的財産権の一つです。

 簡単に説明をすると、知的財産権とは、目に見える自動車等の有体物に対して認められる財産権とは異なり、表現や発明等の目に見えない無形なものに対して認められるものです。

 実は、以前に、知的財産権一般について説明をする放送回を収録したことがありますが、知的財産権が無形のものに対する権利でありイメージをすることが難しかったためか、あまりに分かり難い内容の放送になってしまったことからお蔵入りとなりました。

 今回は、現実に起きた事例をベースに具体的な内容を収録し、世に出しても問題はない内容になっているはずですので、是非、お聴き下さい。

弁護士放送

お使いの mp3プレイヤーに番組RSSを登録することで、弁護士放送の最新回が自動的に更新されるようになります。 iTunesなどのポッドキャスト対応ソフトにバナー画像をドラッグ&ドロップしてください。



こちらのクリックすると iTunes - 弁護士放送のページが表示されます。



プロフィールはこちらです。

過去放送一覧はこちらから

過去放送をお聞きになりたい方は、こちらのバナーをクリックください。

Powered by Movable Type 6.1.2

ボランティア・ライター募集

弁護士放送ボランティア・ライター募集

バックパッカー動画デレッチョ

海外旅行 バックパッカー動画 デレッチョ

トリカゴ放送Tシャツ

トリカゴ放送Tシャツ通販ページ

トリカゴファミリー

バックパッカーの怪しい(妖しい)裏話をポッドキャスト

ひきこもり作家・さくら剛の泣き言ネットラジオ(号泣)

Class9ではアーティストやタレントの原石を発掘し、夢の実現へ向けてサポートしながら一緒にメジャーデビューに挑戦します。

第一弾は「東南アジア黄金ルートバックパッカー旅」です。バックパックひとつで世界中を旅するバックパッカーの日常を疑似体験くださいませ。

戦いの中で奥義を見出し、常に進化を続ける拳の道。旅の極意を伝授いたす。愛ゆえに。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち実際の事件カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは殺人事件です。

次のカテゴリは知的財産法です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。