弁護士ヨシカワ業務日誌vol.3

先日、裁判期日への出頭のために、埼玉県にある所沢簡易裁判所に行きました。
簡易裁判所とは、訴額(訴訟で請求をしている金額)が140万円以下の請求や罰金以下の刑にあたる罪等に関する訴訟を扱う裁判所です。全国各地にあります。
簡易裁判所では訴額が低い事件のみを管轄しているためか、代理人弁護士に依頼をせずに、訴訟の当事者本人が裁判所に出頭して自ら対応する本人訴訟が多いように思います。

ヨシカワは、おそらく、他の弁護士と比較して地方出張が多く、全国各地の裁判所に出頭したことがあるのですが、実は、所沢簡易裁判所に行くのは初めてでした。
事前に、場所を確認すると、最寄り駅は西武新宿線の航空公園駅でしたので、同駅から徒歩で裁判所まで行きました。
なお、航空公園駅は、その名のとおり航空公園に隣接した駅で、駅前には飛行機の模型?が展示されていました。この飛行機は、今年(平成24年)の4月に、ANAとの吸収合併により消滅したエアーニッポン株式会社(ANK )の飛行機のようです。
ちなみに、所沢の航空公園は、日本で最初に開設された飛行場である所沢飛行場の跡地を整備した公園なのですね。
また、用意周到なヨシカワは、事前に、裁判所に連絡をして、「法廷は、何号法廷ですか?」と問い合わせていたのですが、「小さい裁判所なので、法廷は複数ないですよ。1号法廷です。」とのことでした。
確かに、全く迷わず1号法廷にたどり着くことができました。
またいつか所沢簡易裁判所に行くことがあるかもしれませんので、航空公園付近で、オススメの飲食店を知っている方がいましたら、是非、教えてくださいね。

所沢簡易裁判所の外観です。

航空公園駅前の飛行機です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です