第036回 条例による規制、逗子海水浴場に関する条例について

 さて、今回は、地方公共団体が定める条例についてご説明致します。
青少年保護育成条例、暴力団排除条例等がテレビニュースで取り上げられることもありますので、皆様も条例には馴染みがあると思いますが、今回の放送では、平成26年に話題なりました逗子海水浴場に関する条例を紹介しながら説明させていただきました。
 また、法律とは無関係ですが、番組冒頭では、全天球カメラについて話しています。全天球カメラとは、文字通り、360度全方位を撮影するカメラです。参考に、全天球カメラで撮影した画像を以下に貼り付けます。残念ながら専用ビューワーでないと全天球画像として閲覧できません・・・・。

zushi.GIF

 今回の放送で話をしていますとおり、平成26年夏の逗子海水浴場は、例年と比較して非常に空いていましたが、結局、ヨシカワは、平成26年8月中は逗子海水浴場に一度も行くことができませんでした。残念です。

2 件のコメント

  • 第036回弁護士放送拝聴させていただきました!今回は、条例と法令との関係が争点になった、普通河川の有名な判例も紹介していただき、また逗子海岸の条例による規制について、わかりやすく、楽しく聞けました!
    今回は、条例についてでしたので、以前おっしゃられた行政訴訟についてもいずれ放送していただきたいと思います。
    気長に待ってます!
    また、リスナーさんの質問に答えていただける時間がありましたら、ぜひご紹介していただきたいです!

  • 最近弁護士放送のことを知り、1日中拝聴しております。
    お伺いしたいことが2点ございます。
    第015回 刑罰の種類・目的、刑務所の概要を聞いていたところ、
    ヤマモトさんから「四国を壊滅させた奴は死刑!」なる発言が出て
    ふと気になったことがありました。
    共犯と内乱に関する罪の問題です。
    「司令塔は悪いけど、手下は悪くない?」とおっしゃっていましたので
    ご都合の良いときに放送していただければ、と思います。
    テレビで警察24時等でスーパーの窃盗の場面が放送される
    ことがありますが、事例として、親本人の窃盗ではなく子供を窃盗の実行犯とした場合はどのように検討を進めていくのでしょうか?
    (子供を道具として使うイメージです)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です