第041回 自転車事故及び子の不法行為に対する親の責任について

数年前より、通勤やレジャーにて自転車を利用する方が増えているようです。
自転車は、自動車やバイクと比べれば、接触・衝突することで誰かに怪我をさせるということは少ないと思います。
もっとも、自転車も、ある程度のスピードが出ますので、歩行者と衝突した場合には、歩行者に重い傷害を負わせてしまうこともありますし、現に、最近では、自転車が加害者になる事故が増加しているようです。
なお、自転車は、車道を走行するのに免許が必要となるわけでもないため、子どもも乗ります。
では、自転車で走行していた子どもが歩行者と衝突し、歩行者が怪我をした場合、子どもの親は、何らかの責任を負うことになるのでしょうか。
今回は、自転車が関連する交通事故及び子の不法行為に対する親の責任について、ご説明します。

 

普段、ヨシカワは、電車移動ないしは自動車移動であり、自転車を所有していないため、全く自転車には乗っていません。
ただ、最近は、コミュニティサイクルといって、誰でも利用できる自転車サービスがありますので、この間、休日の晴れた日に、コミュニティサイクルを利用して東京都内を自転車で走行しました。たまには、自転車も良いものですね。

5 件のコメント

  • こんばんは 今回も楽しく拝聴しました。
    近年の自転車事故の急増,正直実感はあまりないのですが
    それでも歩道を歩いていると,正面から学生の乗った自転車がけっこうなスピードで来る頻度は多くなったように思います。(女の子もけっこう飛ばすんですよね)
     わが子も自転車に乗って遊びに行ったり,通学しているので気を付けるように言ってます。しかし,果たしてこやつらが実際に気を付けているかどうか,甚だ疑問です。げんにヘルメットを被るよう何度も言いますが,「かっこ悪い」の一言で拒絶してますからね。事故せぬよう,させぬようただただ祈るばかりです。
    それではヨシカワさんも,しっかり睡眠とって頑張ってください。
    ちなみに20分くらいの昼寝もいいそーです!

  • いつも楽しく拝聴させていただいています!
    最近では、自転車事故での損害賠償が高額になっているケースをよく見かけます。
    さらに6月からは、自転車運転者講習制度がスタートし、べストなタイミングで自転車に関する放送をしていただきありがとうございます!
    今回の放送で、民法上の責任能力の有無や親の監督義務者の責任などをヨシカワ先生がわかりやすく解説していただいたので、楽しく学べました!
    ですので、もう1度、民法712条~714条辺りをしっかり確認したいと思います。
    また機会があれば、使用者責任や工作物責任などのお話も聞いてみたいです。
    最近気になるのは、パワハラ・マタハラ・セクハラなどの労働に関する問題です。
    あと、安保法制が憲法9条に反するかどうかの議論です。
    ヨシカワ先生の意見もぜひ聞いてみたいです。

  • 「ガンバの父さん」さん
    やはり睡眠は大切ですよね。幸い寝付きはよいので(よく寝落ちするので)すが、あと1時間程度、毎日の睡眠時間を増やしたいと考えています。
    自転車は、道路インフラが整備されていないという問題もあると思います。自転車で車道を走行しろといわれても危ない場所が多いですよね。

  • 「kazu_yamada」さん
    いつもお聴きいただき、ありがとうございます。
    憲法9条の問題は、ホットトピックスであり、僕も思うところはありますが、自らの見解を精査しているわけでもないため、放送では、なかなか話しにくいですね。
    パワハラ関係の労働問題は、前から計画はしていますので、いつか放送するかもしれません。

  • 初めまして。
    私もネットラジオを営んでいます。
    傷害事件の被害者となったため被害届を提出しました。
    裁判の方式として略式と普通のタイプがあると思うのですが判決は同じなのでしょうか?
    また、ネットラジオでこの事件を体験談として話した場合に告発される可能性はありますか?
    社内で起こった事件なので、係長、課長、加害者はイニシャルで収録しています。
    私の名前は本名ですから特定される人には特定されるとおもいます。
    ご助力よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です