第047回 事故物件・心理的瑕疵とは何か?

皆様、こんにちは。

 今回は、事故物件・心理的瑕疵についてお話したいと思います。

 皆様の中には、部屋を借りて一人暮らしをしている方や、中古住宅を購入して家族と暮らしている方がいらっしゃると思いますが、住んでいるお部屋の前の入居者が自殺していたり、あるいは殺されていたりといった、いわゆる事故物件に住んだ経験がある方はいますでしょうか。

 特段、霊的なものを信じない方でも、やはり、前の入居者が死亡していた部屋に住むのは、いい気持ちがしません。

 このような建物にまつわる嫌悪すべき歴史的背景は、法的には、心理的瑕疵と評価されたり、建物の売主や貸主に説明義務が認められたりといった形で問題となります。

 ただ、どのような場合に心理的瑕疵と評価され、説明義務が認められるかに関し、具体的な基準は存在しませんので、本日は、過去の裁判例を踏まえて、ヨシカワの私見をお話しています。

 その他、幽体離脱、ショーンKさん等の雑談もしていますよ。

 

 お部屋で人がお亡くなりになったということは、ホテルの客室でも起こりうることです。詳しくは知りませんが、ホテルで自殺する方も少なくはないようです。

 ヨシカワは、ホテルの客室で自殺や他殺が生じた場合、居室に飾られた絵画の裏や天井点検口内部等に御札が貼ってあるという噂も聞いたことがあります。

 気になる方がいらっしゃいましたら、ホテルに宿泊の際に、確かめてみてください。

関連リンク

幽体離脱・体外離脱・明晰夢研究所【幽体離脱デレッチョ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です