第051回 民泊に関連する諸問題について

 今回は、以前にも弁護士放送に参加いただいた向井通浩さんにゲストとして出演いただきました。

 番組冒頭では、向井さん及びヨシカワの健康問題について話しをしています。年をとると、飲み会を開催しても、だんだんと健康問題の話題が増えるときいたことがありますが、いよいよ弁護士放送でも病気や健康の話題が出てくるようになってしまいました。

 さて、向井さんといえば、やはり、民泊について精通していることで有名ですので、今回の放送の本題として、最近流行りの「民泊」について話しをしています。

 是非、お聴きくださいませ!!!

 民泊については、現状、法律上の明確な定義があるわけではないですが、一般には、出張や旅行等で不在なため使用しない住居や住宅内の余っている居室を第三者に提供して宿泊してもらうことをいいます。

 最近では、Airbnb等の業者が民泊スキームを提供することで、一般の方も民泊を行い得るようになったことで、注目を集めています。

 もっとも、この民泊については、旅館業法、都市計画法及び建築基準法等の法律による規制が及ぶ場合がありますし(刑事罰の対象となる場合もある)、今後、民泊に関する法律が制定される予定ですので、民泊をやろうと考えている方は、慎重に対応していただく必要がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です