第069回 法律事務所の破産?

皆様、こんにちは!
今回は、ニュースにもなっている債務整理・過払金返還業務等を実施している弁護士法人(大手法律事務所)が破産申立をしたことについて、説明させていただきます。
弁護士業務は、コストが大きく必要となる業務ではないため、破産手続をせざるを得ない状態になることは、「極めて稀なこと」かとは思います。
なぜ、破産手続を申し立てざるを得ないような状況に至ってしまったのでしょうか?
興味のある方は、是非、お聴きください!

気づけば、弁護士放送を開始してから10年が経とうとしています。
最近は、多忙、多忙で(僕の能力不足もあるかと思いますが)、プライベートも色々とあり、配信もあまりできていませんでした。
ですが、もう少しだけ、がんばってみようと思います。
よろしくお願い申し上げます。

6 件のコメント

  • 弁護士放送復活、すごい嬉しい。
    物知りのお兄さんが、勉強してきたことをおもしろく話してくれてる気がして、ホントに楽しみにしてたので、、、。

    • かなり例外的なケースだと思うのですけどね。
      弁護士が相談者に損害を与えるような事態はあってはならないことなので、このケースを参考に、変えるべきことは変えていかないとですね。

  • 弁護士放送、復活おめでとうございます!
    久しぶりにお二人の元気な声を聞けて凄く嬉しいです。
    本題に入る前の全く関係無い雑談が好きだったりします笑
    これからもマイペースに続けてくれると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です