第070回 コロナウイルスは許された危険か?・過去裁判手続のIT化

皆様、こんにちは!
今回は、番組冒頭で、コロナウイルスの危険について、お話をさせていただきます。コロナウイルス感染拡大を阻止するためには、蜜を防ぐ必要があるわけです。でも、人が生きていくには、多かれ少なかれ、他人に多少の迷惑をかけてしまいます。例えば、自動車を運転すれば、誰かを怪我させてしまうリスクは避けられません。これを避けるには、自動車を運転せず、タクシーやバスにも乗らないという生き方を選択することになりますが、現実的ではないでしょう。
では、どこまでの危険・リスクは避けるべきで、どこまでの危険・リスクは許容すべきなのでしょうか。
人間社会において、どこまでの危険・リスクを許容すべきかは、多数決で決めてよいことなのでしょうか。

2 件のコメント

  • 一太郎の話が特に興味深かったです。エーアイについては、コンピューターは弁護士には取って代われないと思います。理由は割愛しますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です